スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽毛布団が破れてる??

最近、アンディが換羽なのかぼちぼち羽根が抜け
所々つんつんしている。
このサヤをほぐしていくのが私の楽しみの一つなのだ!


グリは年間を通してコンスタントに抜ける。
いつも、部屋には綿毛が落ちている。

グリが我が家に来たのは、99年の10月だった。

秋になって寒くなった頃、羽毛布団を出した。
そんなある日、母が3Fにやって来た。

「あんたんちの羽毛布団破れてるよ!」 「えっ?・・・・・


 「ほらっ!」 差し出された母のての中に高級そうなダウンがいくつか入っていた。 


調べてみたがどの布団も破れてはいない。
しかし、ファスナーが壊れている359 
コラッ~ 
知らないうちに・・・・壊して!


グリを見て気が付いた。グリの綿毛が毎日抜けている事を・・・。

何か変?


文鳥のように一気に換羽しないんだね。
文鳥がいたときは、サヤをほぐすが楽しかったのに・・・。


可愛い羽根


赤いのはグリのお尻羽根。
赤い羽根と白の綿毛が可愛い


アンディの羽根は蛍光グリーンにグレー。
風きり羽はブルー。
地味なグリと対象的で、初めはこの蛍光グリーンが目にチカチカした。
(今もチカチカするけど・・・・)


今まで地味な色の鳥しか飼った事がなかったので
アンディが派手に見えた。


派手なアンディ

ヨウムはみっちり地肌が見えないぐらい羽根が生えている。
以前、胸爪を見つけた時どこから生えているのか
綿毛がみっちりあるので確認するのが大変だった。


そう思うとウロコちゃん薄毛だな・・・・。 

more »

スポンサーサイト

グリは怒ってる~目が怒ってる~♪

前回は、破壊というテーマから大きく話が外れてしまった。
今回は外れない様にしようと思っている。


グリには沢山のおもちゃを与えているが
あまりおもちゃに興味がない。
高価なおもちゃより、紙を齧ったり、むしったりする事の方が好きだ。


ケージの底網は底上げしてあるので、底に敷いてある
敷き紙は齧る事は出来ないようにしてある。
おもちゃであそんでくれないので
たまに、お菓子の空箱をケージの中に入れてあげると喜んで破壊する。
しかし毎日、与えると飽きてしまって見向きもしない。

最近アンディはショップでカットされていた風きり羽が
生え揃い飛べるようになった。


飛べるようになったのは良いが、前記したかも居を齧る。
気が付くと足元に木屑が落ちている。
これは、やばい!!
(グリが我が家に来た当初、壁紙や天井の紙だった。)
紙は修正が簡単だが、かも居はそうはいかない。



ふと上を向くと、グリとアンディがかも居にいる。
すかさず「だめ!だめ!降りなさい!」と怒ると
グリはそそくさと、止まり木に逃げる。
まだ、ダメの意味が理解できないアンディはキョトンとしているので
もう1度ダメといって移動させる。
アンディにはダメが分かるのだろうか???
理解させないと大変な事になってしまう。


ヨウムは言葉の意味と行動を理解する。


どいて」と言うとどいてくれる。
又、いつでもお茶が飲めるように部屋にボトルが置いてあるのだが
飲もうとする素振りを見せると、先手をうって
「お茶飲む?」 「飲むよ」と言うと、早速
「ジョロジョロジョロ・・・・・。」
と言って、お茶を注いでくれる。実際は自分で入れるのだが、同時に言ってくる。
飲んでる最中は「美味しい?」と聞いてくる。
お茶だけでなく、何か食べていると、
「美味しい?ちょうだい!」と・・・・・。
私達の行動をよく観察している。
(観察しているといえば、プッキーだが相変わらず毎日やって来る。)


ラックの上



メタルラックの一番上には、寝かせる時のタオルや掃除に使う新聞紙
飾りと化したバードアスレチックがあり、グリはここで新聞やシュレッダーを
むしって遊ぶのが好きだ。
タオルを取ろうとすると雪のように紙が舞い落ちてくる。


グリはベルの付いたおもちゃが好きだ。
遊ぶのではなく、もっぱら怒りをぶつけるサンドバックになっている。
ぶら下がったり、揺すったり、小突いたり・・・・。
ベルの鳴る大きさや、頻度でその時のご機嫌が判る。

更に
「◎×△?■だから~!!!」 「こらっ◎△■××?♪~でしょ!!」
と小言を言いながら怒りをぶつける。
いったい何で怒っているのか判らない。
そんな姿を見ると、夕方にNHKでやっている子供番組
「クインテッド」
のこの曲が浮かぶ・・・・。



「目はおこってる」



目はおこってる 目がおこってる 目でおこってる
ほらたいへんだ


口がすべって 鼻で笑って 耳にふたすりゃ
顔から火が出て おへそが茶をわかす


目はおこってる ほらおこってる
まだおこってる ほらたいへんだ


ひざが笑って 腰がくだけて 
ほっぺた落ちれば 肩で風きり
胸は踊るし 背中は泣き出し おへそが茶をわかす


目はおこってる まだおこってる
ぜったいおこってる どーもごめんなさい



目の部分をグリに変えたり
初めの目だけをグリに変えたりと
子供達と歌っている・・・今、我が家のブームなのだ。


 

テーブルの思い出

グリが我が家に来てから。壊したものは数知れず。

もともと築年数が経っているので、少々はいいか・・・・。
と、思うものの、やっぱり壁や天井の紙をはがしたり、
ふすまの紙を食いちぎられると、
さすがにおどろおどろしい部屋に変化していく。


仕方がないので、修正をしたり、昨年は思いきって
天井を張り替えた。


95年1月29日生、その年の4月、ラブラドールのリーナが我が家にやって来た。
バレリーナのような格好をして寝るので
リーナとなった。
盲導犬に使われる犬種でおとなしいと言うイメージがあった私は
衝撃を受ける事になった。
想像をはるかに超えるやんちゃぶり・・・。
スリッパをはじめ、あらゆる物を噛んで壊す。
壁紙をはがし。センターテーブルの四隅をかじり
廃棄処分にした。


 リーナ


 しかし、廃棄するまでにかなり迷った。
茶色の沢山木目あるテーブルで、その木目の1つに
少女の右斜め45度にむいた顔が浮き出ているからだ。
20年前、新築てしから応接間として使われてきたこの3Fの部屋に
置かれていた。
多分、新築する前からあったと思う。
今頃親に聞いても忘れているだろう・・・。


これに気が付いたのは、私が中学生の時
このテーブルで勉強した時だった。
一瞬氷ついた。
怖い顔でなく穏やかな表情だった。
木目とはいえ、はっきりとした顔だったので
恐ろしくて、しばらく3Fにはこれなかった。


ある日、これを友達に見せる事にした。
友達はいちおうに驚き、怖がった。
しかし、友達に見せると怖さが薄れ
又このテーブルで勉強する様になった。


特に、変わった事も起こる訳でもなく、
だた、多感な時期で、受験とかで、疲れる時期
だったのか、金縛りによくあっていた。
金縛りといっても、私の場合、霊的なものではないと思う。
大学に行くまで、自分の机をあまり使わず
このテーブルで勉強をし、よく話しかけていた。


大学は京都だった。
京都では、土地柄かよく金縛りにあった。
ある日、友達のマンションにとまった。
ベットの下に2枚布団を引いて寝た。
金縛りにあった、すると、ベットの上に、だれか正座をして座っている。
あれ?と思ったものの、知らない間に寝てしまっていた。


朝、起きると、その事を友達に話した。
外出する為に外に出ると
斜め前の家の方がなくなられ、お通夜の準備がされていた・・・。
家を間違えたのか?
結構、霊感のない私が京都では不思議な体験をした。


大学卒業後、大阪の脳外を中心とする病院に勤務した。
脳外の患者さんは、元気だと思っても状態が急変する。
ある日、元気だった患者さんの夢を見る。
その方はしばらくすると、急変して亡くなった。
そんなことが3回続くと偶然と思えなくなる。
明らかに、状態が悪ければ、なんとなく分かるのだが
元気なのだ。


その事を皆に告げると疑ったが、夢をみたらそれとなく
言うと、1週間以内にその通りになるのだ。
最初の1年だけだった。


その後夢を見る事はなくなった。


阪神大震災をきっかけに、こちらに帰ってきて
久しぶりに、ゆっくりと、机の少女に会った。
相変わらず、穏やかな表情をしている。


95年、4月、ブリーダーからクロのラブラドールをむかえる。
両膝の上にちょっこんと乗っていたリーナは
みるみる大きくなり、悪の限りを尽くす。


四隅をガリガリにかじられたテーブル。
その当時1日中、仕事で家を空ける事が多かったので
気づいた時にはもう遅かった。


結婚を期に、新しい家具を買う事になるのだが
迷っていた。
大きくて、重たいテーブルを置き続ける事出来なかった。
思い切って、新しい、家具の代わりに古い家具とテーブルを
家具屋さんに持って行ってもらった。
少し後悔した。


それから。子供も産まれ、忙しく日々を過ごしていた
98年、夏。
朝、「ズームイン」を見ていたら
「夏の怖い話特集」と言うコーナーが始まった。
この手の話は大好きである。


新潟県のお寺にあるお盆が納められた。と・・・・
「そのお盆には少女の顔が・・・・」


「あぁっっ~!!!」


胸が高鳴った・・・。そっそっそれは~・・・。
家にあったテーブルの少女!!!!
忘れるわけがない!あの顔!


後悔してたんだよ。ごめんよ!捨てて・・・。


まさかテレビで再会出来るとは思っていなかった。
早速テレビ局に電話をして、いわれを聞いた。


「何かいわれがあって、お寺に納められたのですか?」


「いえ、何もありません。」


「・・・・・・・・・・・・」


あの子は処分されず、お盆と言う形にかえて
存在している事がとても嬉しかった。


子供が大きくなったら新潟のお寺に会いに行こうと思い
その当時、つけていた育児日記にお寺の名前と場所を控えた。
しかし、先ほど引っ張り出して、確認したところ見当たらない。
育児日記には記載されていなかった。
いったい何に書いたのだろう。


これで新潟と言うだけで手がかりがなくなった・・・。
せっかく会いに行こうと思ったのに・・・・・。
「ゴメンネ」って言いたかったのに。


もし、このブログを見にきて下さっている方で心当たりがあるという方が
いらっしゃいましたら、ぜひお知らせ下さい。
宜しくお願い致します。

髪の長さはあごのラインより下、少しカールして前の毛は分かれています。
鼻は少々だんご鼻。私達から見て左に少し向いていますが目は正面です。
これだけじゃ、分からないですよね。

この世に存在してくれるだけで嬉しい。
生きているうちに、もう1度会いたい。


 

しろ、ごめんね。


今まで、沢山の鳥達に出会い、別れてきた。
幼い頃より、私の傍らに鳥がいた。
姉妹のいない私にとって、かけがいのない存在だった。


幼い頃より文鳥一筋だった。
正確に言えば、
文鳥とセキセイインコと十姉妹しか知らなかったし
目に入らなかった。


文鳥は、昨年まで何十年と私の傍らにいた。

白文鳥のしろ(単純な名前ですみません・・・)
気は強いし、喧嘩っ早いがやさしい子だった。
1号が産まれる少し前にやって来た。


しろはメスで卵をよく産んだ。
沢山生むと言う事は
命を少しづつ自ら削っているようなものだ。
手の中に入って、撫ぜられるのが好きなしろ。
発情期に刺激を受ければ、卵を産む。


昨年、初夏、8歳になったしろ。
下腹部が膨らんでいる。
呼吸音もおかしい・・・。
元気でエサも食べていたが
おかしいと思ったら、即病院に連れて行くことが望ましい。
以前しろとグリを診てくれていた病院に連れて行った。
しろとグリの主治医は他の場所で新たに開業し、ここには居なかったが
開業した先が遠方の為、近くこの病院を選んだ。

「肝肥大」と言われた。
小鳥はエサを食べれなくなったら危篤と思え。と本に書いてあった。
その時の為に病鳥用のフォーミュラと肝臓の薬を処方してもらった。


2週間後に又来るようにと言われたが
次の日からガクンと状態が悪くなった。
しろの前にいた白文鳥♂は13歳まで生きた。
最後は白内障になりフラットなケージで生活し
老衰で逝った。
まだ8年しか生きてないよ!しろ・・・。


1日中、気になりケージに張り付く。
必死でエサを食べてもらおうとする。
少し食べるが、いつもの様には食べない。
30度に設定した温度が暑いのか水浴びをする。
しろは水浴びが大好きだった。

強制給餌も試みたが嫌がるのに無理にあげる事は出来なかった。
調子は悪いが、しっかりと止まり木にとまっている。
しかし、心配で夜も寝る事ができない。


そんな状態が2日続いた明け方、少し寝てしまった。
急いでケージを見るとすでにしろはうずくまったまま動かない。
まだ、暖かい・・・・。
涙がこぼれた。


1号が起き、しろが逝ってしまった事を知ると
手に包みほお擦りをして号泣した。
同じ年を重ねてきた1号にとって、しろは大きな存在だった。


私は何度、同じ過ちを犯したらよいのだろう・・・。
もっと早く、気づいていたら、こんな早く逝かせる事はなかったのに。
せめて、10年は一緒に過ごしたかった。


夕方、子供達と庭にあるブルーベリーの元にしろが大好きだった
物と一緒に埋め花を供えた。


しろ



今でも、だれかが「しろ、しろ」と呼ぶ。


未だに「アンディ」を覚えないグリが「しろ、しろ~おいでぇ~」と叫ぶ!


だからもう、しろはいないんだってば~359


出会いは嬉しいが、必ずやって来る別れは、遅いほうがいい・・・。
でもいつかはやって来る。
沢山出会いがあれば、それだけ別れも多い。
別れる度に、こんな思いはしたくないと深く思うのに
又新たな出会いを求めてしまう・・・・。


グリとアンディ


8月12日、ドシャブリの日にやって来たアンディ。


グリ、アンディと仲良くやってね。
アンディはまだ3ヶ月のチビッコだから、アンタにかかってるんだよ。
きっと、グリがやさしくしてあげれば、アンディとうまくやっていける。
幼児ともうまくやってきてるのだから・・・。
頼むよ!グリ。


今まで空のケージの中にアンディがいる。
アンディは好奇心の塊で、ケージにしがみ付いては、
あちこちに移動。
どうしても、グリが気になる。
グリは威嚇するようにケージをガツンと噛む。
ラックの都合、ケージとケージの間が3cm位しかない。
アンディが足を出したら・・・・。


ところが3日もするとグリもアンディのお互いの存在を認めるようになった。
威嚇す事もなくなり、しばらくすると、同時放鳥も出来るようになった。


(そうそう、夜1回の挿し餌になったらと言う事でやって来たアンディ
 挿し餌2回で終了・・・・。あっさりひとり餌に。もっとあげたかったよ~。)


グリはアンディにカキカキしろ!と迫る。
幼いアンディな逆らわず、けなげにカキカキ、ハミハミしていたが
最近のアンディは無視をする。
案外気の弱いグリは、奉仕する側に回った。


気に入らないと、容赦なくグリのボディに嘴が刺さる・・・。

       ぎゃ!

それでも、耐えるグリ。
グリが怒って、噛んだら、アンディは間違いなく傷つく
それが、分かるのだろうか・・・・


偉いね・・。グリ。そう言っていつも褒める。


これをみて8歳の1号が
「ぼく、グリに負けたよ!絶対に手をださないもんね。」
いつも、弟2号、4歳に意地悪をする1号は感心をしてこう言った。


「グリを見習うよ、何でも我慢する。グリに負けたくないもん!」
そうか!頼むよ1号、もう些細な事で喧嘩するのは止めて

譲ってあげてね


なんていったくせに、1日と持たなかった・・・・。
グリを見習のじゃなかったのか・・・・・。


なかよし


おいら達とっても仲良しなんだよ。男同士(多分)だけどさっ!


プッキー


今日もやって来たキジバト。
たまにぷうぷう泣いているので「プッキー」に決定!


ベランダにいるので写真を撮ろうとすると逃げてしまう。
裏のお家のアンテナにとまってこっちの様子を伺ってる。


あれれ??

ここ2日ほど天気がぱっとしないので、日向ぼっこをしていない。


お天気の良かった先日、部屋の掃除をしていると
近くに住むキジバトがやってきた。
開け放たれたサッシの向こうからから しげしげと部屋の中を見ている。
なによ~・・あまり見られると恥ずかしいよ・・・。


しばらくして、グリとアンディをベランダに出す。
その間ケージの置いてあるメタルラックを掃除。


アンディは本当に静かな子なのだが
なぜかベランダに出すと大声で鳴く。
開放的になるのか、怪しい物があるのか・・・?
大きな声で鳴かれても気にしないが、

グリの
「おーい!」「○○ちゃん!(私)」「1号!2号!」
「うおーい!」「リーナ(犬)おいで!ふせ!お座り!」
「こるゥああ!ダメ!」「お買い物いこうか?」
とか、電子音や笛、電話が鳴ったと思ったら
「もしもし、○○です、はい・・はい・・うん・・うん。わかりますた・・」
わかりますた・・・って・・・。

などとしゃべるまくる・・。あまりの恥ずかしさに、ひなたぼっこを
短縮する事がある。


近所の人はどう思っているのだろう。
なるべく、3Fのべランダに鳥が居る事が分かるように
縁台の上にのせ見えるようにしているのだが
通る人はもしかしたら見てくれるかもしれないが
声だけを聞く人は
ちょっとオカシイ子供がいるのかと勘違いしないかと
冷や冷やしているのである。
もう7年も続いているのだから・・・。

今日は控えめなしゃべりだったので1時間ほど外にいた。
いつも、グリから先に部屋に入れる。


「あっ!あれれっ~!なんで~???」


グリが和室と洋室を分ける、かも居にとまっている。
なんで?ケージの戸をしっかり閉めていなかったのか??
わけが分からない・・・・。
抱えていたケージを床に置いて見上げる。


「・・・・・・   ・・?!
「おい!おい!おーい!」

おい!おい!って・・・・床に置いたケージから声が
下を見ると、あれ?グリ・・・・。いつの間に戻った?


もう1羽のグリが、かも居に?
良く見るとさっきウロウロしていたキジバトだった。


部屋の中にチャッカリ入ってきたのだ。
良く観察すると、流線型の体に小さな頭、艶やかな羽根に
ふわふわとしたお尻周辺の綿毛。
ヨウムと良く似た色。


以前もベランダから入って、階段の所にいた。
この時も、グリをケージから出した覚えがなかったが、
勝手に出てきたのか。閉め忘れたのか???
サッシも開けっ放しだったので
慌てたが、キジバトだった。
という事があった。
(グリには自分で戸を開けるという知的な技は無理だ)


またこいつか!


とりあえず、出て行ってもらった。
良く似ているよな~。グリを小鳥の病院に連れて行ったとき
先生のお母さんが


「ハトですか?」ってきいてきたもんな~。

知らない人には頭の大きいハトに見えるよね。
飼い主だって間違えるもの。

キジバト君おいで~!
       カメラを向けると逃げてしまう。


こいつ、毎日我々を観察しに来ている。
名前をつけてやろうと思う。


 

アンディ いらっしゃい♪

子供の夏休みに入ると同時に我が家のイベントも終わった・・・。


残りのイベントと言えば、アンディをお迎えする事だ。
8月のお盆前には迎えに行きたい。
なぜなら、お迎えと同時に、その足で、健康診断に行きたかったからだ。
お盆を挟むと、病院が休みで8月20日以降になってしまうからだ。


1日でも早く迎えに行きたい


旅行前後のすったもんだと疲れを癒すのはこれしかない・・・。


こんぱまるさんにその旨を伝えると、お盆前には挿し餌1回なりそうだと。


子供と過ごすお盆までの半月、長かった・・・。
毎日、何処かへ連れて行けという。
しかたがないので、近くの遊園地の期間限定パスを買っていたので
親子3人+友達と一緒にプールに通った。
乗り物のフリーパスは通常の半額で買えるが、毎回買っていたら大変だ。


ある日こんぱまるさんの写真速報をみたら
「夜、挿し餌1回になりました。お迎えお待ちしております!」と
アンディの写真が出ていた。
かわいい~

左


ふくれてる方


すぐに迎えに行かなければぁ~


小鳥の病院のカレンダーをチェックして、お迎えの電話を入れる。
グリはダンボール箱に入れて帰ってきたので、キャリアーを用意
していく事を伝えると、キャリアープレゼントしてくれるとの事。
用意していなかったので、とても嬉しかった


            2005年8月12日は大雨だった。


グリも久々・・・・5年ぶりに健康診断を受けさせる為に同行させた。
犬猫用のキャリアーにグリを入れ、車の助手席にシートベルトで固定する。
これ又久しぶりのドライブ。


走り出して、3分・・・・。399
グリがもどした!車酔いをしている。
前は平気だったのに・・。
ひや~ペレットを吐かないで~・・・・・356


コンビニの駐車場で少し休憩し、出発。
道中は長い。頑張れグリ!


高速に乗ったがまたもや、ナビの言う事を聞かない私。
それに加えて、大雨に渋滞、横を見れば、酔って虚ろなグリ。
ごめんよ~グリ、道、間違えたよ!



 こんぱさんに到着。
可愛そうなグリも車から降ろす。


「今日お迎えの・・・・・・・」
「すみませんが、ヨウム、キャリアーから出して休ませていいですか?」
「羽根きりしてますか??」  
「してないですが、酔っちゃって・・・・・」
「?! 399 」
グリの姿を見てすぐさま出してスタンドに止まらせくれた。

酔って虚ろで汚いグリを拭いてくれたり、キャリアーを綺麗にしてくださったり。
とても親切して頂きました。

スタンドでおとなしくしているグリ。
アンディがやって来る。初めてのご対面。
ヨウムとウロコ。あまりにも大きさが違う。
グリが本気で噛んだら・・・。
恐ろしくて、近づける事が出来なかった。


アンディ
2005年5月16日生まれ。45g 
出生地は沖縄だった・・・。
沖縄に行く前に知っていたら、もっと違う感じ方になっていたと思うが
あの、ドタバタだった沖縄に運命を感じてしまった・・・。


キャリアーにお試しのペレットや、サプリメント、ハンドトイ、挿し餌セットを頂いた。
なんと至れり尽くせりなんでしょう。


しばらく遊んでもらった後、他に買い物をし、支払いをすませ、
キャリアーにグリをいれ、小鳥の病院に。


お久しぶりです。お元気でしたか?


何年か前に移転していた。
それ以来だったのに、先生は、私とグリの事を覚えていてくれた。
グリは珍しい胸爪ヨウムなのでインパクトがあるし
母であり、職業を持ち、その他にも共通点があったからだった。
鳥のこと以外でもよく話をしいていたものだ。


2羽とも異常なし。
グリは初めてお世話になった時から480gと体重が変っていない。
胸爪と足爪をカットしてもらい、ハリソンのペレットを購入して帰った。


先生頑張ってね・・・・。


帰りは大丈夫だったグリ。しかし、ナビが教えてくれた帰り道は遠回りだった・・・。


こんぱさんその節はありがとうございました。
グリは元気にしていますが車に乗せる自信がありません・・・。 


 

世の中ってそんなもの・・・・。

旅行の危機だ!


今更、システムエラーだって?それはないでしょう?
ホームページには、おそらく商品が売り出されてから
オプションで「ドルフィンエンカウンター」が表示されていたのでしょ?
かなりの期間表示されていたはず。
それにもかかわらず、システムエラー?
ただ単に、ホームページの管理を怠っていただけでしょ!


電話がかかってきた時に


「今までにも、ホームページ上から同じように申し込んだ
 お客さん沢山いなかったのですか?その方達にも
 システムエラーと言って断ったのですか?」


「いえ、お客様が初めてで、そこでシステムエラーに気が付きました・・」


自ら業務怠慢だった事を告白した様なものだっ!
この件があってもなお、24時間程ホームページのオプションに表示されていた。
早く修正せい!


何回も問い合わせてオプションについては確認しているはず。
エラーと言うなら申し込みをした時点で言って欲しい。

大企業相手に一個人がなんと言っても、
門前払いされるのは目に見えている。
悔しいではないか!!!!


大企業と渡り合えるカードはないか?
1 契約は完了していないが申し込みに確認書及び請求書のメールが
  2通来ている。
 (しかし、オプションは一環しているが、1通目は日にちが違う
  2通目は、出発、帰路の時間帯が違う。)


2 ANAを管轄する旅行業協会(JATA)には
インターネットを利用した旅行取引に関するガイドラインがある。
 一般的留意事項
1.1インターネット取引は、通常の営業所における旅行取引と異なり、非対面性という特    色を有することに鑑み、取引に当たり旅行者に誤解を生じさせないよう、ホームページの設 定等に特に慎重を期す必要がある


等々、インターネット取引についてのガイドラインにひっかるのではないか?


なにせ旅行業界のことなど何一つ分からない素人だ。
申し込んだ先にダメと言われたらそこでアウトなのか、ここでおかしいと主張するのが
正しいのか否か分からなくなってきた。

もう旅行などどうでもいい!
消費者を馬鹿にした対応をした事が許せない!


それを問う為に、JATAの「消費者相談室」で聞いてみる事にした。
週明け10時より受付だった。


月曜日、10時まで時間があるので、
消費生活センターに行ってみようと思った。
市役所に行くと、窓口は、別の施設にあり、予約制の事。
とりあえず、その場でアポを取ってみる。
今相談中と言うことで、電話に出た係りの方が内容を知りたい様なので
説明していると、手が空いたらしく、窓口のある施設まで移動する事
になった。


相談室に通される。
いつもなら予約で一杯だそうだ。
今までのメールをプリントアウトして持って来ていたので
話をするより資料を見たほうが早いので、目を通してもらった。
ANAに問い合わせをしてくれることになった。
公的機関よりの問い合わせは、ANAを驚かせるには十分だと思った。

今度は家に帰ってJATAに連絡。
こちらも話すより、資料を見て欲しいとメール受付していないので
ひたすら十数枚の資料をFAXした。


しばらくして、JATAより電話があり、ANAにしては対応が悪く
非常に興味深いと言って、JATAより問い合わせをするとの事。
こちらで問い合わせをするが、自分でもデスクに確認する様に言われた。


結局正しいのか否なのか分からずじまいだったが、雰囲気的に
私の方に勝算がありそうだ。


午前中、出来る事はやった。
午後からは、感情に流されず、冷静に話しを進めるだけだ。


ANAのデスクに。
名前を名乗っただけで、上の者と代わってくれた。
対応の悪さに平謝りだった。
なにせ、管轄機関と公的機関から連絡が来たのだから・・・。


こちらからは、クールになにも希望せず、向こうの対応に委ね電話を切った。


もしかしたら、10万円高のツアーに行けるかも~


なんて期待したものの、元々のツアーだった
がっかりした・・・。世の中こんなものか。。。
希望を言えば良かったのか・・・。そんなずうずうしいことできません356

そなんこんなで多くの人を巻き込んで旅行に行ってきました!
子供達に感想を聞くと
1号は、旦那と行った沖釣りやシュノーケリングが面白かったと・・・・。
2号は、飛行機・・・・。

2人の口からイルカという言葉は発せられなかった...orz


              元気だせよ!


 かーちゃん、元気出せよ!おいらが付いてるぜ!


 

消費者をなめてはいかん!

それは、6月の初旬。
夏休みの旅行の計画としては少々遅い時期。


子供を飛行機に乗せ、イルカに会いに行こう!といきなり思いついた。

ANAの待遇券があるのでANA内で探し始めた。
待遇券は旅行代理店を通しては使えないので、直接ANAに予約しなければならない。
ホームページ内を探していると、オプションで「ドルフィンエンカウンター」なるものを
つける事ができるツアーを発見!


早速、申し込む。
しかし希望の日はキャンセル待ちだった。
旦那の仕事の都合もあるし、そうそう、日を選ぶ事は出来ない。
子供が夏休みだから仕方がないな・・・。
それでも、キャンセルがあればと言う事で
「ドルフィンエンカウンター」の参加詳細を入力しようとするが、
上手くいかないので、適当にし、電話で問い合わせをする事にした。


電話で問い合わせると、
「キャンセル待ちになりますが、こちらで、処理しておきます。」と。
その日のうちに「お申込み確認書及び請求書」のメールがきた。


良く考えると、イルカが目的で行くのに、キャンセル待ちじゃ話にならん。
旦那と相談して、予約が必ず出来る日を選んだ。
そして、日にち変更とオプションの申し込み。
相変わらず、オプションの申し込みが完璧に出来ず、デスクに電話。

「承りました。こちらで処理しておきます」と
同じく「お申込み確認書及び請求書」のメールがきた。


その後も、出発の時間を早めたり、帰りの時間を遅くしたりと
その度に、デスクに確認を入れていた。
オプションについては、デスクの担当者が変わるので
その都度、やはり確認を入れていた。
これで、旅行の日程は完璧だ!
でも今回は「お申込み確認書及び請求書」のメールが来ない。


ANAより電話があった。
金曜、デスク対応締め切り18時少し前、話の内容は

○○コースに
ご希望の『ドルフィンエンカウンター』にてお申し込みを
いただきましたが、
システムエラーにより、本来ご案内できかねますオプショナル
のためお手配いたしかねます。
という事だった。


「はぁ???」 

「どうにかなりませんか?子供たちが楽しみにしているし、イルカがメインで
ツアーを決めたのですから・・・・」


「すみません、ご案内しかねます」のいってんばり。


ねばったが拉致があかない。
「他に参加できるツアーありますか?」
「では、ご案内します」


しかたがないので、電話を切った。
しかし初めの「お申込み確認書及び請求書」のメールが来てから
すでに、10日程経っている。今更ダメって言われても・・・・。

いきなりの電話だったので、心の準備もなく話をしてしまったが
一方的過ぎる事に気が付き、すぐにデスクに電話をしたが
すでに、対応時間は過ぎ、さらに金曜と言う事もあり
土日を挟んで、月曜まで待たなければならない。
反撃されないようにこの時間を選んだな!卑怯だぞ!


更に私を激怒させたのは
「つきましては、『ドルフィンエンカウンター』事前確約可能な下記コースにて
仮予約をさせていただきました。」
というメールだった。

ホテルと部屋がデラックスになった。そこで10万アップ
10万も高くなったツアーを平気で紹介しさらに了解も得ず仮予約?!
悪徳商法みたいだ!


ANAの対応とは思えないような内容だった。

一般庶民の消費者をなめんなよぉ~359
一般庶民消費者魂をみせてやる


次回に続く・・・・・


IMG_0527-1.jpg


  うりゃ359  おいらのかーちゃんお怒らせると怖いぞ!
画像をクリックするのだ!!


南の島へGO

7月、我が家はバケーションに出かけた。
行き先は、南の島沖縄
その間2Fに住んでいる、母にグリを託した。


今回の目的は、イルカ あんど インコとのふれあい
コンパニオンバードno02を片手にでかけた。


沖縄に着くとレンタカーを借りて、
東南植物楽園へ。
とにかく暑く、植物園を散策する気分にはなれない・・・。
この暑さを恨みながら、を鳥達の所へ。
思ったより鳥の数は少い。
子供や、主人達は鳥には関心がなくさっさと行ってしまう。
あまり触れ合えず、次の目的へ。


子供と旦那の目的は、青い海!
本州ではお目にかかれない、うっとりするようなブルー。
宿泊先のホテルは高原にあるので海に面していない。
(エントランスでコンゴウがお出迎えしてくれた。)
そこで系列のホテルのビーチへGO!
ここのホテルもコンゴウ2羽とモモイロがお出迎えしてくれる。

1号と旦那はビーチで遊び、2号と私はプールで遊ぶ。
2号は、砂が付くのと、海水が嫌だと言ってプールばかり・・・。
(滞在中、2号と1日中プールで遊ぶハメになった。)
夕方、食事をしに地元のお魚が美味しいという店に。
屋外のテーブル席で食べる事にした。
料理が運ばれてきて、食べていると、2号が後ろにひっくり返った!

          ガツン!399


背もたれがあると思ってもたれた様だ、しかしそこにあったのは鉄パイプだった。
みるみるうちにたんこぶが・・・。お店で氷を貰い冷やしていると寝てしまった。
顔色も悪くない、いびきもかいていない。
食事をそうそうに済ませると
ホテルに戻った。


戻ると2号が目をさまし、「痛い!痛い!」と泣き始めた。
頭を強打しているので心配になり、ホテルで病院を紹介してもらった。
驚く事に普通に11時まで診療しているそうだ!


高原にあるので山道を下っていく途中2号がもどし始めた!
旦那は真っ青になり、携帯から救急に連絡し途中で落ち合う事になった。
救急車とほぼ同時に到着。
私は2号と救急車に。
今までの経緯を説明。
書類に書き込む。2号は寝かされ、バイタルを測る。
だいぶ落ち着き質問にも答えるようになった。


「今、どこが痛い?」  「お腹」 「???」 「???」


「えっ405356頭が痛いんじゃないの?」 「お腹」


         えええええっ~なんで・・。

       救急車に乗ってやって来たところは・・・。

         救命救急センター404


扉を開くと仕切りのない広いところに、
どう見ても重篤な患者さんが、ベットにずらり・・・。
看護婦さんがバタバタと一刻を争うように動いている。


CTを撮ってもらったが異常なしと言うことで、戻って着た。
なぜか、2号の保険証だけ忘れ、病院に借金をした。


初日から全員ぐったり406


次の日、2号は何事もなかったように元気全開。
(あまり心配をかけないで欲しい・・・。)
見送らなければならないと思った今回の目的、ドルフィンプログラムも予定通り参加。
(このプログラムに参加するのに色々あったので・・・次回記載予定)
そこには、イルカもいるが、嬉しい事に、オオバタンもいた。
子供と主人がプログラムに参加している間
私はオオバタンに遊んでもらった。幸せ~


3日めは帰る時間まで2号とプール。


我が家の怒涛のばけーしょんは終わった。
グリには、さとうきびのおみやげを買った。


家に着くと、母が開口一番

「あんた、怒ってばっかりいるでしょ!
グリがこら!とか、ダメっ!とか、とにかく怒ってっばっかりいたよ!」

グリは、我が家の会話の一部始終を母に伝えたのだ。399
やはりへたな事は言えない・・・・。そう、確信したのであった。



さとうきび旨いぞ!
          さとうきび、さいこ~!!!


私の沖縄は救急車、洗濯、プールだった。


    心配して下さったホテルの皆様、救急隊の皆様
         その節はお世話になりました
436


 

君の名は

昨年、7月、ホオミドリアカウロコをお迎えする事に決めた。


勉強すればするほど、挿し餌の難しさが分かり、夜1回の挿し餌になるまで
預かってもらう事になった。
8月に半ばには連れて帰れそうだ。


グリには何も伝えてない。
ケージ置き場がスチールラックから、大型のメタルラックに変わった。
グリのケージの横にHOEI35をおいた。
覗き込むグリ。
お迎えするまでの1ヶ月の間、何かが来るという意識を持ってもらいたかった。
もちろん、グリのケージより少し低めの位置にある。
(低めの位置といっても465オウムより35の方小さいので隣のおいただけ)


新しい鳥を迎える時は、先住鳥を優先しなければならない。
ケージの位置は重要だ。
鳥は群れで生活する。
優劣によってとまる高さが決まっているそうだ。
だから新しく来るウロコちゃんをグリが見下ろす形になれば
先住鳥のプライドが保たれるわけだ。
こうする事によって、新しく迎えたウロコちゃんを受け入れやすくなってくれる?はず。


しかしながら、しばらく一人っ子状態のグリ。
優先しても、やきもちをやいて、毛引きや、ウロコちゃんに噛み付いたり
いじめたりしたらどうしよう??404


私が世話をしているのに、しつこくスリスリするせいか、
機嫌が悪いときなのか思いっきり噛まれる。
もちろん流血沙汰だ。
手や腕はいい。
しかし鼻っぱしらや小鼻に噛み付くのは止めて欲しい。
皆、どうしたらそんなところにそんな形の傷が作れるのだろう・・?
という視線がささる。ああっ・・・恥ずかしい。



何か文句ある?
             何か文句ある?!


ウロコちゃんの名前を考えた・・・・・。
やっぱり深く考えることなく、アンディと決めた。
どう見てもアンディって言う顔をしていたから。
一応子供にも聞いてみた。


「名前、なにがいい?」 「ルカリオ」  「却下」  「デオキシス 」 「却下」

「カイオウガ」  「却下」 「プラスル、マイナン、プリン、ミュウ・・・・356

「じゃあ、アンディね!」 「・・・・・・・?!」


 

おまつり☆わっしょい!ピッピッ!!

4月の第2週目の土日はお祭りだ。


町内ごとにおみこしを出す。
我が家のある町内は昔から住んでいる人ばかりで
高齢化が進み、商業地でもあったため、新しく家を建てるスペースがない。
マンションもない。皆家持ちなのだ。


当然子供が少ない。小学生8人中、男は1号ひとり。
ハーレム状態。
5軒しかない、小さな子供会。この5軒で会長、副会長とグルグルまわるのだ。


旦那の実家はお祭りのある神社の参道脇にある。
1号は毎年、土曜の夜に旦那の実家に泊まる。
そして、ここ2年ばかり早朝から、てき屋さんのお手伝いをしている。
お礼に、ボール数個と空気入れを貰って帰ってくるので、ボールを売っている
てき屋さんのようだ。


土曜日、この地方は、黄砂が飛んできているうえに、雨がふった。
最悪、車も体もどろどろだ。


2日間、家の前、後ろの道をおみこしが沢山通っていく。
「わっしょい!」 ピッピッ!(笛の音)
わっしょいの次は、笛だったり、太鼓だったり、缶をたたく音だったり、
ミックスだったり。
とりわけ高音の笛の音は目立つ。


そんな高音で単純な音がが大好きなグリはこの2日間は
笛になる。
笛のを吹くと中にある玉が転がって音が出るのだが
忠実に再現してくれる。うるさい、うるさい。
我が家は、笛や単純な音の出るおもちゃは厳禁である。
覚えてしまったら、しばらくはその音のブームが続く。
今回の笛は、4日続いた。


ダッシュ!


神社の参道には沢山、桜の木がありとても綺麗だ。



おみこし
             お祭り


夜の桜
            夜の桜


        春は桜だね~


       ちょっと週遅れの話題ですみません・・・・。

ウロコちゃん!


私のポリシーは「鳥(鳥かご)は2つ」と決めている事だ。


なぜなら、もし災害が起きた時に手に持てるかごは2つだからだ。
私は鳥達を、旦那は2人の子供達を。


昨年、初夏、白文鳥のしろ♀(ああっ、又そのまんまの名前・・ひねりがない)
が8年の鳥生を閉じた。肝肥大だった。
本を読んだりと勉強をしていたつもりなのに、気が付くのが遅かった。
           
(しろの事は後に記載する予定)


かごが1つ減った。
以前からお迎えしたいと思っていたインコがいた。
でも、それはずっと先の事でこんなに早く訪れるとは思っていなかった。

グリが1羽となり、しばらくして、ペット博が開催される事を知った。
そこには、1度行ってみたいと思っていた「こんぱまる」さんが出展予定だった。


これは行かねば!


ペット博当日、子供達を車に乗せ、高速にのった。
ナビにセットして出かけたはずだが、いまいちナビを信用出来ないというか
相性が合わない。
高速を降りるはずではない所で私の独断で降りてしまったり・・・。
素直にナビどおりに行けばよかったのに。
でも、ナビって教えてくれるの遅い時ないですか?信用ならん!
子供達に文句を言われながら目的地に到着。


入場券を買って、中に。ほとんどが、犬と猫グッツ。
犬を同伴してくる人が多かった。
鳥は?
グルグル回ってもこんぱまるが見つからない。
しょうがないので、会場の係りの人に聞いて、やっと発見!


コンゴウ、オカメ、ウロコ、アカビタイムジオウムなどいて
触らせてもらった。

「店舗のほうにウロコいますか?」 「丁度2羽、ヒナヒナがいますよ!」


      「今から店の方に行ってきます!」


珍しいクワガタに張り付いて見ていた1号を
クワガタのエサのゼリーを買ってごまかし
高い入場料を払って入ったのに、30分で出てきた。
(私にとってよくあるパターンなのだ。例えば、独身時代、ディズニーランドに行った時
 雨が降ってきたので、フリーパスを買ったのに頼まれたお土産だけを買って
 
出てきた事あった。) 


しかし、手にはしっかりドックフードのサンプルがたんまり入った袋を持っていた。
子供達の手を見ると、同じように袋を持っているのだった。
さすが我子達よ・・・・。


「さあ、帰るよ!」 「いったい何しに来たの?」
小学2年生の鋭いツッコミ。
「・・・・・・・・・」 
「リーナ(ラブラドール)のエサをもらいに来たの」
ナイスな回答ありがとう!2号、3歳児!


再びナビをこんぱまるにむけてセット。
今度は、素直に従おう。


20~30分で到着出来た。
むむっ・・・。一見事務所の様な構え。だけど、看板あるし・・・。
2号は爆睡中なので、店舗の前に車を停めて、1号と中に入る。


思ったよりこじんまりしている。
「さっき、ペット博に行って、聞いたのですが、ウロコのヒナいますか?」
「こちらにいますよ」


プラケースの中に2羽いた。ケースの中から出してもらった。
2羽とも可愛い。(もうすでにどちらかお迎えすると決めている)
どちらとも同じように見える。

この子でいいや!


目が合ったとか、決め手になるものは何もなかった。
それが運命の出会いか??


「おかあさん、本当に飼うの?」 「飼うよ」  「・・・・・・・・」
車内で爆睡中であるため、2号のナイスな回答はない・・。

そこには、内金を払っている私がいた。
売約をしたのだ。
夜1回の挿し餌になったらお迎えという事と
1週間後に写真速報に載せてくれる様に頼んだ。


帰り際にリングナンバーを確かめ、顔をみた。
可愛いウロコちゃん早くお家においで!

   
          アンディ2


 アンデイ1  アンディ3              
 

愛しのCBR250RR

春休み最後の日、鈴鹿サーキットに行った。


乗り物はすべて20~30分待ち。
待たなくては乗れないのだから仕方がない。
我が家は待つのが大嫌い。
行列を見たとたん「やめよう」という。
しかし今日はわざわざ遠くから来たのだから止められない。


なんとかかんとか子供のご機嫌を取りながら待つ。
2~3乗った後、レーシングコースの方にある観覧車に乗りに行った。
するとコースでスカイラインにスープラ、シルビア、NSX、MR-Sなどが
練習走行をしていた。あまり車には詳しくないので良く分からないが
家族4人ずーと観覧車のガラスに張り付いて眺めていた。


観覧車から降りる頃、車に代わって、バイクが練習を始める。
エンジン音につられて、グランドスタンドに行く。

昔、MOTO GPを見に来たことがある。マイケルドゥーハンが大好きだった。
年がばれるかな~?古いよね。410356


大好きだったドゥ-ハン


家にはオーバーホールしなくてはならないバイクが2台。
CBR250RR(MC22) ハリケーン トリコロール   (250はすでに生産されてない。)
   メットはもちろんマイケルドゥーハンモデル!コアラがついて可愛い。
ヤマハ セロー225 限定車 
   こちらのメットは内装がだめなので新しく買うしかない。
   トロイリー予定。


愛しのCBR250RR


動かないのに任意保険を払い続けている。

背の低い私にとって、乗れるバイクは限られている。
本当はアプリリアがおしゃれで欲しかった。
しかし、足がとどかなく、断念!


両車ともとても乗りやすい。もう少したったら直して乗ろう・・。
風をきるって気持ちよい。


バイクの疾走するのを久々に見た。
前はかっこいいとい思った。
でも今は、結婚もし子供も出来、環境も考え方も変わった。


2003年4月6日、ここ鈴鹿サーキットで開催された MotoGP第1戦決勝レース
にて弱冠26歳の『加藤大二郎 選手』 が亡くなった。
彼はバイクレース界では初になる 「文部科学省 スポーツ功労者顕彰」 も受賞した
将来有望視されていた選手だった。
結婚もし、子供も産まれるところだったと記憶している。(違ったらごめんね)


死と隣あわせのスピードの世界に駆り立てられるのはなぜか?
コンマ1秒を縮めるために命を賭ける・・・。
爆音とオイルの匂い・・・
彼らにはどんな世界が見えるのだろうか。
目の前を弾丸の様に通り抜けていくバイクを 見て思った。


守るものが増え保身的になった・・・・。

バイクをなおしたら以前の様にスピードをださず
安全運転しよう。
決して一般道で100kmは出すまい!

グリの為に長生きしなくちゃ!
安全運転!安全運転!


* 決して走り屋でも暴走族でもありません。
   
一般的なライダーでした。410  

いちご



3月末から4月の1週目までとても忙しかった。
ブログを書こうとも思わなかった。


2週目になり余裕も出てやっと更新できた。
春は自分の仕事の他にも沢山仕事が舞い込んで来る。
そして子供の春休み。
怒涛のように過ぎていった。


3月末は雪が降った。
雪の降る中イチゴ狩りに行った。一般道で1時間半の道のり。
橋はみぞれ状になっておりすべる。
いつもの年なら必要ないのにまだスタッドレスをはいている。
しかし、今年に限って早々にノーマルに変えてしまったために怖い思いをした。トホホ・・。


ichigo


1時間食べ放題。品種はあき姫、甘くて大きい。
朝食抜きの我が家。食べるわ食べるわ!
限界まで食べた。
食べて一息つくと、どこかで見た事のある人だな~と思っていると
2号と同じ保育園に通う子の一家がいる。
何でここにいるの???
家から遠いのに。しかも雪の降る日に・・・。
この家族にはとんでもない所でよく会う。
行動パターンが同じなのか??
思わず記念撮影してしまった。


その後近くにある有名なお稲荷さんに行った。
ここは、月末の夜中におまいりすると商売繁盛すると言われ
末日は夜通し出店が出てお祭りの様だ。
中でも揚げたての串かつはとても美味しい。


昼間なので開いている店も少ないが、お目当ての串かつ屋さんは
営業していた。
立ち食いでカウンターの上に食べた串を置き、最後に会計をするのだ。
さっき死ぬほどいちごを食べたのに串がどんどん置かれていく・・・。
どうも違う所に収まっていくようだ。


串かつの次は、鯛焼き、みたらしだんご、露天で買ったお菓子・・・・・・。
帰る道中では、ドライブスルーでハンバーガー404
しっかり夕食も食べた。


美味しい?

グリにもおみやげのいちごをあげた。
食べた後、しばらくいちごのいい匂いがする。
いつもクンクンほお擦りをしながら匂いを嗅いでしまう。
結果、鼻の頭に脂粉が付、そのまま出かけると


「鼻の頭白いよ!」と言われてしまう間抜けな私がいるのでした。

神経が図太い?

ヨウムは繊細で臆病。


グリは臆病と言うより怖がりだ。
取り合えず新しく見る物は怖がる。
しかし、慣れるのは早い。


でもどうしてもダメなのが、これ155 「キングタット」


キングタット


買って1年以上経つのに一向にとまる気配がない。
ここで遊んでくれる事を夢みていたのに・・・。
我が家ではもっぱらはハンガーの代わりになっている(汗)・・・・。

放鳥時は、子供達と取り合いをしながら室内の子供用ジャングルジムにいる。


我が家は3階の一戸建てで、3Fがワンフロアーのようになっていて
そこにグリのケージが置いてある。
3Fにはリビングと寝室が隣あっていて、仕切は取ってしまっている。
だから遊ぶのも、寝るのも鳥達と一緒。


グリは1号が2歳前から家にいる。
もちろん2号はグリにとって2歳下の弟だ。
幼い子供がいながら今までトラブルはない。
噛まれた事もあったがご愛嬌程度だった。


グリのケージにボールや子供がガシャーンと当たる。
驚かない、慌てない、騒がない。

それどころか
「ダメ!ダメ!ダメでしょ!」と子供に注意する。

こんな環境に適応しているグリはやはり神経が図太いのだ。


 

胸爪?

グリはあまり甘える方ではなかった。
遊んでやらなくても平気のようだ。
なんだかガッカリした。頭や頬は触らせてくれるが
背後から触ろうとすると逃げる。
あまりしつこく触ろうとすると、嘴で手をどかされる。
最近は、脇?羽根の付け根に手を入れさせてくれる。
フワフワで暖かい。それに適度な湿度がある。
寒い時など幸せな気分にさせてくれる。


グリの出身はフィリピンのBII(バードインターナショナル)
世界的に有名なブリーディングセンターだ。
足輪に刻まれたアルファベットがきになり調べてみた。
施設内や沢山の雛の写真があった。
こんな所で産まれたのか・・・・。
なんだか出身がわかり嬉しくなった。


ところで小鳥の病院で受けた検査結果は、すべて正常だった。


しかし、ある日遊んでいると、胸の羽毛の中にが・・・。
なんでこんな所に爪がくっついたのか?????
引っ張ってみた。


あれ??取れない??何で???


指で爪の先をたどると・・・・。


?????????
なんと!爪が胸から生えてる??


えっ!404   胸から爪がはえてる~っ356



胸爪



どこかわかるでしょうか?良く見て、見つけてね。
写真の中心部にあるよ!


 



爪
                   爪きりで切った胸爪

慌てて小鳥の病院に予約を入れた!


翌日、小鳥の病院に行くと、先生も驚いていたが、
羽根もたんぱく質から出来ているので、変質した物だろとの事。
カットしてもらったが、かなりの長さがあった。


その後も胸爪は伸び続けている。
気にして自分でむしってしまわないかと心配だったが
グリは気にする様子もなく日々を過ごしている。

神経が図太い・・・・。
毛引きとは無縁のヨウムだ!


初めの1~5年は1年に約5~6cm程伸びていたがここ2年は3~4cmほどだ。
やはり幼鳥は成長期なのでそれに比例して爪も成長していたようだ。


胸爪のあるヨウムはグリだけなんだろうか?
兄弟は?
BII出身の1999年4月産まれのヨウムはいませんか~?


  グリって世界でも珍しい珍鳥胸爪ヨウムなのでは?


 


プロフィール

家に連れ帰った。


ダンボールからケージに移ししばらく観察していた。
動じる事もなく羽づくろいを始める。


環境に慣れるまでは、ケージの外には出してはいけない・・・。


で・でも出したい!触りたい!好奇心に負けた私は、ケージの中に手を入れた。
すんなりステップアップ。
ああっ暖かくて柔らか~い。

少し遊ばせてからケージに戻した。


そうだ!キクスイからもらったプロフィール。


     スーパー手乗り(超高級インコ類の赤ちゃん)


     ち・ち・ちょう・こ・う・き・ゅ・う ちょうこうきゅういんこ 405


        思わず、ヨウムの前でひれ伏しそうになった。
               ケージの中から
             「頭が高い!!」
             と言っている様に見える・・。


そうだよな。今から8年前、ホームセンターのペットショップで
セキセイや文鳥の雛は1280円程で売られていたし、1万円のオカメインコは高価に思えた。それなのに、にじゅうろくまんえんを惜しげもなく出せてしまうのは、まさしく
このちょうこうきゅういんこをお迎えしたいという気持ちが金銭感覚を麻痺させていたのだ。
今では、ネットで大型鳥のお値段を簡単に調べる事が出来るが、当時は実際ののショップにいかなければ,分からなかった。
ブログを読んでくれた何人かの友人は鳥の値段を知ってビックリしたようだ。
たかが鳥・・・。という感覚があるようだ。
買うときの値段は高いが、長生きしてくれると言う点では、
かなりコストパフォーマンスは高いよ。50年以上生きるのだから。

50年か・・。私の方が早く逝ってしまうのは悲しい。
なんだか最近ヨウムの行く末を考えてしまう。
幸せになって欲しいから・・・・。



当店での呼称 グレちゃん

グレちゃんはまずいよね・・。
グレてるみたいで。
あまりかけ離れた名前でも混乱したら可哀想だし。

まぁ~近いところでグリ
でいいか・・。

などとあまりにも簡単につけてしまった。

いつも名前を考える時、考える割にはひねりが足らない。
いつも後から後悔する。
1号2号の名前も。2号の名前に関しては1号がつけたのだから。
 


 

プロフィール

リーナ

Author:リーナ
あふりかんぐれいのグリにようこそ!
ヨウム仲間が沢山出来ると嬉しいです
グリ  99年4月生 BII出身
アンディ05年5月生 沖縄出身

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
03 ≪│2006/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。