スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬リーナ

久しぶりに自分のブログを開きました。

私のハンドルネームであるリーナというのは
以前も書いたと思うのですが
我が家に居る
黒ラブ(♀)の名前を拝借しているのです。

リーナは1995年4月に我が家にやってきました。
その当時黒ラブはこの辺りでは珍しく

黒ラブと言えば『リーナ』として有名でした。

ここ何年かで黒ラブも増えましたが
リーナを知っている人は黒ラブを見ると

黒ラブ=『リーナ』と思うらしく

『リーナ』と声をかけられた黒ラブの飼い主さんは
少々困惑顔をされるそうです。

たいがいその飼い主さん達もリーナを知っていますが。

(飼い主の顔は知らなくとも犬は知っているという変な状態でした。)

私も実際散歩していると

『リーナ!』と知らない人から何回もお声をかけて頂きました。


そのリーナも12歳半を迎え
大型犬としては長寿の方になりました。

お迎えした時は可愛く、やんちゃで
成長するにしたがって
存在感があり、海や川に
原っぱでフリスビーと一緒に楽しみ
頼もしい存在になっていました。

しかし、お迎えした2年後には1号が生まれ
前のようにべったりというようにはいかなくなり

次第に甘えられる階下に住む私の両親の方に
懐いていってしまいました。

すると父はリーナの健康の事も考えず
自分の食べている物を
私の隠れるようにしてこそっと与えるようになったのです。

その現場をみて何回も親子喧嘩をしました。
しかし、父は一向に改めませんでした。

リーナが欲しがるのです。

私達の住む3階に連れ戻しましたが
何でもくれる父の傍に行きたがり

父から離す事は無理になっていきました。

その後も泣いて訴えましたが一向に耳を傾けません。

「何かあったら自分が面倒見てよ!」と台詞を吐き

半ば諦めつつも、発見する度に怒りました。

それでも

「あげてない」と

シラをきる父に呆れ嫌悪感を抱くようになりました。

予想通り、避妊手術をした事もあり
次第に太り始め、足腰に負担がかかるようになってきました。

10歳を過ぎるころなになると
顕著に表れ、足を滑らす事もありました。

トイレは小さいころより3Fのベランダでしています。
これは老犬になった今でも変わりません。

どうにでも階段を昇ってベランダに行きたいのです。
しかし、足腰が弱って昇りたくても昇れない
降りるに降りれない状態が続きました。

ついに昇降には決死の覚悟がいるようになりました。
見かねてモンベルの『ドッグキャリーハーネス』を買ったのですが
装着するのに手間取ったりして2回ほどしかつかっていません。

しかし、この2回で家族が傍らにいれば安心と理解したようで
階段の昇りはともかく
昇りより怖い降りはサイドにつくと意を決して降りるようになりました。

小型犬であればヒョイと抱えてやればいい所ですが
さすが30kgオーバーは不可能です。


最近、多飲が続き何度もおしっこに行きたがるようになりました。
ただでさえキツイ階段の昇降が何度も続きます。

ネットで調べると『多飲多尿は病気のサイン』とありました。
恐ろしいほどガバガバ水を飲み
ものすごい量のおしっこをするのに愕然としました。

そして、なんとか病院に連れて行くと

『糖尿病』と診断されました。
リーナ


私が最も恐れていた事でした。
父を責めましたが、今更責めても治るはずもなく

当たり前の事ですが
家族で最後まで丁寧にきちんと介護をする事を決めました。

最近では無意識に失禁するようになり
オムツを買ってみましたが

あまりにも肥満で胴回りが大きく(86cm)
市販のオムツでは合わず装着不可でした。

急いでネットで色々調べています。
調べると沢山の介護用品が発売されている事に驚きました。

オムツは使わずパットで対応し
オムツカバーを探す事になりました。

父の部屋にいるリーナは夜中でもなんとかベランダで
用を足そうと父を起こします。

自業自得の事ながら昇ったのはいいが
なかなかベランダから戻って降りてこないリーナに
怒りまくる父。

梅雨で濡れるリーナ・・・。
そしてベランダにべったり伏せて動かない。

もちろん上手にしゃがめないお尻はおしっこに濡れる。

日中は私が居れば
蒸しタオルでお尻を綺麗にし
更に全身を丁寧に拭く事を心がけています。

お水ばかり飲んで餌をあまり食べないので
少し痩せてきました。

いくらか足にかかる負担は少なくなって来ているのでしょうが
食べないと体力がなくなるので
寝たきりになってしまうのでしょう・・・・。

それはもう目の前に来ていると感じます。

どうか寝たきりになっても快適な生活が送れます様に・・・・

どうか苦しみが少なく送れます様に・・・

こういう日が来るのは分かっていたけれど

悲しいです。

でも、悲しんでいる時ではありません
これからどんどん辛くなるから・・。

快適に過ごせる様介護用品を模索中です。
購入した介護用品を紹介していきたいと思います。

鳥ブログのはずが
これから大型犬の介護ブログになってしまうかもしれませんね。

なるべく暗い話はやめて
楽しい話題を書いていきますね。


 

スポンサーサイト

comments

頑張れリーナちゃん

リーナちゃん、糖尿病なんですね。人間も動物も、歳を取るという事は体が弱ってくるという事で、病気になるのはしかたないのかもしれません。でもやっぱりいざそうなると、やり切れない気持ちでいっぱいになると思います。
「あの時ああしてれば…」とか「あんな事しなければ…」とか、いっぱい後悔すると思います。

でもリーナちゃんはまだ頑張ってるんですよね。みんなに愛されて歳を重ねて、病気になってもちゃんと介護してくれる家族がいるリーナちゃんは、幸せだと思います。

最後まで幸せに生きてほしいです。

最近彼氏の家の猫が亡くなったんです。長生きしたんですよ、確か18歳だったと思います。慢性腎不全だったかな?長生きしたからこそなる病気だって言われたそうです。また近いうちに、お墓参りに行ってこようと思います。

なんかいろいろ思い出してしまってf^_^;長文失礼しましたm(__)m

ありがとうございます

さやさま

こんばんは!
暖かいお言葉ありがとうございます。
リーナは頑張っていますよ。

最近、彼氏さん所のニャンコさん亡くなったのですね。
ご冥福をお祈りします。
18歳まで大切にされてニャンコさん、幸せでしたね。

老いは必ずやってくるし、いつかはお別れしなければ
ならない事は分かっています。

だけど嫌なものですね。

リーナは良くはならなし、現在食も細くなり
せめて・・と思い
私達より高級食材を食べています。

これからまだ戦いは長いかもしれませんが
頑張っていきたいと思います。

ニャンコさん、お墓参り行ったら喜ぶでしょうね。


comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リーナ

Author:リーナ
あふりかんぐれいのグリにようこそ!
ヨウム仲間が沢山出来ると嬉しいです
グリ  99年4月生 BII出身
アンディ05年5月生 沖縄出身

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。