スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究のてん末

やっと長い夏休みが終わりホッとしています。

休みの終わり1号がまたやってくれました・・・。

1号は爺さんと一緒に『気象の研究』をしていました。

爺さんは高校教師でもあったので、信用して任せていました。
29日、チェックをすると・・・

その内容は爺さんが絵を書きいの
文章を書きいの・・しかもボールペンや色ペンで

これって「爺さんの研究」・・・ (((( ;゚д゚)))アワワワワ

今では、研究というのは親子でするのが暗黙の了解となっていますが
親はあくまでも前面に立たず、裏方に徹し
子供が研究をしたということにしなければならないのに・・・・

これを見て愕然とする私・・・ ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

子供に 「仮に友達が同じような研究を出したらどう思う?」と聞いたら

「おかしいと思う」と答えた。

私が爺さんにやり方について文句をいうと

「最後にやってきてこんな言い草はない!」と怒り心頭

何度説明しても納得がいかないよう。

私としては、職業柄私より研究を理解しているだろうと思い、任せたわけで
こんな展開になっていようとは全く想像していませんでした。

子供に爺さんが書いた絵を全部自分の絵に書き直すようにいうと

数時間後に「出来た!」と。

31日、1日と出かける計画をしていたので期日には出来たと思っていました。

それが、1日、帰ってきて絵のチェックをすると何も変わっていないのです。

ここで、また1号にウソをつかれショックを受けました。
           il||li _| ̄|○ il||li

1号を信用して29日に チェックしなかった私が悪いのか・・・・。

1号に聞くと「おじいちゃんがこれで言いというから・・・」

本当なのか???
爺さんに聞くと「最初から自分の絵を書くように言ったのに・・・」というし。

2人とも嘘つきなんで信用できないのです。

1日はとても疲れていたので
とても作業をする気にもなれず、最終日の2日に賭けることに・・・。

字と絵の修正は朝9時から夜10時までかかりました。

その間2号は義妹の家に預かってもらいました。

夏休み前、宿題を偽装して懲りたはずなのに・・・

今回も、爺さんにおんぶに抱っこで
楽をしようと思ったばかりに
修正という大変な作業をすることになって

人に頼ってはいけない

という事が教訓になってくれればいいのですが・・・

相変わらず懲りない1号。

それを横から見ている2号

来年は小学生だよ!

「おにいちゃんばかり休みがいっぱいあって ズルイ!」 p(`ε´q)
なんて怒っていますが

お前は大丈夫だろうねーーーー?????

他に勉強しろ!とは言わないから
宿題だけはきちんとこなしてね・・・

1号、2号とダブルで同じようだったら

母は確実にノイローゼになります。

体が健康だけでいい!なんて思うのは病気の時だけ。
健康だったら次の事を望んでしまう。

勉強して!と・・・・。


さて、交通当番なるものが年に2回ほど子ども会内でまわってきます。

昨日は新学期初日という事で
私が交差点に立ち登校する子ども達の誘導をする日でした。

ボランティアで毎日、交差点にたってくださる方がいるのですが
学校の広報(またまたPTA役員(広報)やってます)で
交通安全サポーターの方の特集を組んでいたので
アンケートと
写真のお願い方々挨拶をませ
翌日、写真を撮らせていただく約束をしました。

そして、今朝・・・・。

写真を撮らせていただき、ついでに小学生の誘導を・・
ところが、宿題提出期限が今日だったらしく

友達にかばんを持たせ家に帰った子供が数名。

登校は班でするため、子供達は家に帰った子供を
途中で待つわけで・・・・。

1人が全然こない!

始業時間もせまり、サポーターの方に後の1人をまかせ
なぜだか写真を撮るだけが

重い荷物ため歩けない子の荷物を持ち
汗だくで急いで安全のため子ども達と学校に行く羽目に・・・・

最後の1人は親に車で送ってもらい
途中で合流。

その子も親も悪びれるわけでもなく誤らず、

親にいたってはしきりに「3時間目って何時から??」

子供達は時計を見ずチャイムで行動するようで何時からかわからない

時間が無いのにしつこく聞いてくる

「もう時間が無いので・・・」といってことわり先を急ぐ。

本当に時間がないのだ。

ミニバンに乗ってきたなら

みんなを学校に乗せていって欲しかったのだが

そのまま我々を残して行ってしまった・・・

おいおい本当に時間がないんだってば~乗せて行ってよ!!

と怒りがこみ上げてきた。 ヾ(。`Д´。)ノ彡


学校まであと少しのところで最後の子を交差点で待っていた

サポーターの方が走って追いついてきました。。

本当にご苦労様です。

ここで、2号を家に残してきた事を思い出し
後をサポーターの方にお願いして
汗だくで帰ってきました。

うちも気をつけなければ・・・
1号忘れ物多いし。

でも1号は取りに帰って来ないよね。

その時になるまで気がつかないし。 ヘ( ̄ω ̄ヘ)

朝で今日のエネルギーを使い果たしてしまいました・・・。(;´∀`)

スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リーナ

Author:リーナ
あふりかんぐれいのグリにようこそ!
ヨウム仲間が沢山出来ると嬉しいです
グリ  99年4月生 BII出身
アンディ05年5月生 沖縄出身

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。